父上、お元気でしょうか。

父上

暁彦です。8月に入り梅雨明け宣言もあり、蝉も鳴き始めて、なんとか盛夏らしい季節にはなりましたがお元気でしょうか。

こちらも仕事のほうを一山超えてひと時の土日を過ごしております。

長男は、相変わらず学校に仕方なく通っています。受験生でありますが 成績的にもなかなか予断を許さない状況です。

次男はやっと学校に慣れてきました。

この二人の状況は全く真逆であり、一方は学校よりも受験に集中してほしいがままならぬ、

もう一方は学校を楽しんでほしいがこのコロナ渦では大きなリスクの中で通っています。

私のほうはもっとこまめに親の様子をみておきたい、というところです。

電話はしておりますが父上の耳の状況では辛いコミュニケーションにしかならない、

しかし電話とメールいうメディアしか通信手段を持ちえない状況も辛いものです。

ライブエンタメの仕事をしていますが、顔や声から伝わる情報というのは非常に大きく、また馬鹿馬鹿しい会話から得られる元気というのも侮れないものです。

お母さんのほうに最新のAndroidをお送りしておきました。

本人はそこまで興味はないようなので、父上のほうでお使いいただければ幸いです。セットアップしてみせることで、すこしは窓として機能するかもしれません。

ところで、最近自分も終活をはじめています。

といっても資産(書籍、資料、機材、データ、金融)は膨大な時間がかかります。

悠久の時がない今は有給休暇をつかうぐらいしかありません。

健康状態は必ずしも良くはないですが、悪くもありませんが そんな余裕があるなら健康管理や運動の時間を増やしたいところ。

とはいえ過去のブログなどを放置しておくのも危険なので(内容的というよりはセキュリティ的に)ほとんどは githubに移動をはじめており、一部は北極にアーカイブされました。

これはこれで大変な労力ではありますが、まあ物理的な片付けよりはポジティブな自省になるものです。

昔のブログは読んでいて赤面するようなものばかりですが、タイムマシンとしては有効だと思います。

以下のインデックスは2006年の画像つき投稿を再編集したものです。

(いまは2006年の投稿が見やすいですが、そのうち雑多な投稿に埋もれていくことでしょう)

フランス時代の長男のちいさいころも、もう遠くの昔の話になってしまいました。

なんだかとりとめのない作業ログをお送りしてしまう感じですが、お元気であれば安心します。会いたいときは会いに行きますのでいつでもお声がけください

暁彦

top
<< Github Pages 移植進行中。markdownでのTwitter埋め込み
偉い人の暴言 - CEDEC2020 のその先に必要となる関連業界の行動指針 >>