englishjapanesefrench
http://akihiko.shirai.as

[Shortcuts]

メインメニュー

blog[RDF]

検索

Recent Documents

新着ダウンロード

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが documents (wiki) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...

アクセスカウンタ

今日 :469469469
昨日 :1680168016801680
今週 :5469546954695469
今月 :3007230072300723007230072
総計 :2841126284112628411262841126284112628411262841126
平均 :573573573
taquino.net


Diff of NetTV


 [[Documents]] > [[NetTV]]
 
 *海外で日本のテレビをみる [#ac3bff53]
 ぜんぜん更新してなくてごめんなさい。ご質問などあればどうぞ。なお自分のシステムは現在、無トラブル運転記録を更新中です(2006年2月から連続稼動中)。
 ----
 #contents
 ----
 *概要 [#j395fec0]
 海外で日本のTV番組を見るにはざっくりと以下の方法があります。
 
 **生で、しかも、いますぐ見る!方法 [#v69a7fcf]
 
 ここにまとめておきました!
 http://akihiko.shirai.as/modules/amaxoop2/article.php?lid=46
 
 **JSTVのような衛星放送契約 [#r9141190]
 
 JSTV(Japan Satellite Television)
 http://www.jstv.co.uk/
 
 初期導入費用:150Euro、毎月:50Euro。
 
 ものすごい高い!というわけではない。ただしアンテナとデコーダーの設置が必要。あとNHKが嫌いな人には耐えられない番組編成。
 
 **Gyao等のインターネットTV [#gef624fb]
 Gyaoは海外からは見れません。
 IPアドレスでブロックされてしまうので、海外では見ることができません。
 
 理由としては帯域が安定して確保できない、という説明がされているようですが、実際には他にもリージョンや、各コンテンツプロバイダとの契約でできないということもあるはずです。
 
 ブロックするかどうかはGyaoの運営上のポリシーですので、特に違法となる要素はないはずです。まあコンテンツに偏りがありますが、とりあえず見れるようにする方法を解説しておきます。
 
 ***Proxyを探して使用する [#b221b0dc]
 日本国内のIPアドレスを持つProxyを探し出して、利用すればよいです。
 野放図なProxyを探す方法についてはここでは述べません。
 
 ***Proxyを自分で用意する [#ec9384a2]
 グローバルIPアドレスをもったPC等がどこかに用意できるなら、この方法で問題ありません。ただし全てのProxyソフトが問題なく動作するわけではないので注意ですし、今後Gyaoの設計変更で使えなくなる可能性もあります。
 
 Windows用のフリーで使えるプロクシといえば「SwiftProxy」が有名で高機能ですが、この手のファイルを一度保存するタイプのものはGyaoではうまく働きません(最初のロゴが出ない、ライセンス確認などでこける)。
 
 お勧めは以下のソフトです。
 
 「Http Proxy Server for HTTP/1.1」
 http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se121786.html
 
 しかしこんな大げさなことをしてまでみる番組がGyaoにあるかどうかという疑問も。
 
 
 **自分で録画PCを使う方法 [#b3fbb4bb]
 このページの下のほうで、この方法について詳しく述べていこうと思います。
 
 ----
 **ストリーミングする [#v6a0b096]
 固定でグローバルなIPがあれば、WindowsMediaサーバをつかって、キャプチャデバイスからダイレクトにストリーミングして、テレビ映像を送ることができます。しかし、名まで見るならよいのですが、画質は制限がありますし、保存できませんし、チャンネルを変える方法がありません。
 
 
 これらの問題を解決するのであれば、さほど悪い方法ではありませんね。
 考えようによってはロケフリ+PSPよりは安いかも。ただし、不特定多数が接続可能な状態にすると、放送法などに抵触する可能性があります。
 
 
 
 ----
 
 **ロケーションフリーを使う方法 [#g086de01]
 SONYのロケーションフリー製品はどうやら日本の著作権法と放送法に訴えられてはいないようです(個人で楽しむグレーゾーンと思われます)。uPnP対応のルータ、グローバルIPが必要になります。SONYがDDNSをやるので動的IPでもよい設計になっているようです。
 
 
 現状、お金に糸目をつけないイージーユーザーなら、ロケーションフリー+ブロードバンド+PSPもしくはロケーションフリープレイヤー(PC)が最適でしょうね。
 だいたい初期導入に6万円ぐらい、維持費に月3000円ぐらいといったところでしょうか。
 
 
 なおロケーションフリーはSONYの代理店で設置してくれたりもするようですが、ルーターの設定がちょっと難しいかもしれないですね、念入りにテストをしてから帰国したいところです。
 
 またSONY自身がグローバル企業で海外勤務者も沢山いるので、それなりに需要もあるものとおもわれます。こんなページもあったりします。
 
 [[海外在住者向けサポート>http://www.sony.jp/support/service/Support/airboard/90103.html]]:
 
 
 
 気をつけたい点ですが、ロケーションフリーは''保存できません''。DVDレコーダーまで買うという手もありますが…。つまり地球の裏でTVを見る場合、ヨーロッパなら、午前の番組はあまり見れませんし、アメリカなら朝に夜の番組を見るようになる、という感じです。
 
 MPXなどの有料のソフトウェアを使ってロケーションフリープレイヤーの画像を保存することも不可能ではないですが、CPUパワーとディスク容量を使いますし、もしかしたら違法性があるかもしれないので注意です。
 
 
 まあでもPSPでゴロ寝して日本のテレビを見るのは楽しいかもしれない。
 
 
 ITMediaのこの記事がかなりうらやましーです。
 
 [[「「PSP」を“テレビ以上”にするロケーションフリー」>http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0601/18/news108.html]]
 
 
 
 
 **違法な方法 [#sb9db62b]
 詳細は述べませんが、P2Pダウンロードを使って日本のTVアニメなどを入手することが可能なのではないかと思います。
 
 とりあえず「torrent」というキーワードで検索してみるとよいのでは。
 
 海外のディープなアニメファンがFunSubsと呼ばれる、字幕をつけて配布していたりします。もちろん違法です。著作権法と放送法に触れている可能性がありますね。
 
 各国の著作権法によって詳細は違いますが、不特定多数がダウンロード可能な状態にする、コピープロテクトをはずす、CMをカットする、勝手に字幕をつける、などなどが該当します。
 
 過去に、テレビ録画パソコンをレンタルする、というサービスを行なっていた会社(のようなもの)がありましたが、NHKから訴えられ、現在サービスを変更しています。
 
 **グレーな方法 [#b8f455a3]
 ***Youtube等の動画共有サイトを利用 [#lebe23ce]
  TV番組を公開したり視聴したりするのは本来の使い方ではなく、テレビ局の放映権や制作者の著作権を侵害する可能性があります。つまり違法です。逆に、権利保有者がYoutubeでプロモーションなどの目的で動画を公開している例もあり、今後より状況に変化が見られる可能性があります。
 
  だってそうだよねえ、いままでP2Pでしか流通してなかったTV番組とかアニメとかは、権利所有者はカウントしようもなかったわけで。Youtubeのような方法なら、どれぐらい見たか、反響があるか、といったものはよくわかりますから、場合によってはビデオリサーチよりも安くて確実といえるわけで。
 
 -[[こちらのページ>Youtube]]に詳しくまとめてあります。
 
 ----
 
 *最強録画PCを構築する [#v8983bea]
 私は、ロケーションフリーを導入したかったのですが、金銭的に折り合いがつかず、別の方法で録画したMPEGをみています。
 違法な方法ではありませんが、これでもだいたい、電気代込みで月4000円ぐらいはかかりますね。
 
 この方法は、PCスキルは中〜上の技術が必要です。しかしお金のかかる製品を全く使いませんので、リサイクルPCと、OSの基本機能、フリーウェア等だけで構築可能です。なおこの方法で、まったく人間が触らずに連続稼動に成功しています。私が独自に編み出した方法なので、ちょっと自慢です。
 
 **用意するもの [#y2b0df3d]
 あくまで私の場合です。
 -安定したアンテナと電源
 -VAIO-R52改 (CPU800Hmz, Memory384MB, Windows2000 Professional)
 -ブロードバンドの契約(転送量によりますが1.5MBぐらいでもOK)
 -RealVNC
 -PacketiX VPN
 -FolderShare
 
 VAIO-R52は今となっては時代遅れもいいところですが、最初から高性能デジタルチューナーと、MPEG2のハードウェア圧縮伸張ボードがついています。MPEG4などで録画できる環境があればそれでもよいと思います。USBキャプチャもいい選択肢かもしれませんが、けっこう高熱を出すので、火事になったら怖いので使っていません。
 
 付記ですが、電気代が非常にかかりますし、安定稼動が重要ですので、間違っても自作のPentium4などを使うことはお勧めいたしません。いろいろ測ってみたのですが、だいたい400Wの電源を積んだPentium4の機体を24時間稼動すると、月3-4000円ぐらいは電気代がかかります。もちろん他にもネットワーク代などもかかります。たかがテレビ録画のために、そこまでやることができますか?
 
 また夏場はCPU、GPU、ハードディスクやファンなどが熱暴走を起こしますのでできるだけ涼しい部屋、埃の少ない部屋などをお勧めします。
 
 実家などで誰かが再起動ぐらいはしてくれるのであれば、これはラッキーですが、私の場合はそうはいかなかったので「完全なリモート動作、しかもプライベートアドレス」での仕様になっています。
 
 **セットアップ [#qf8219fa]
 ***(1)普通に録画できるようにする [#e731c5f0]
 
 とりあえずVAIOで普通に録画ができる状態にしましょう。特に動画が保存されるドライブは大きなものにすることをお勧めします。
 
 何度も再起動して、安定稼動することを確認すること。
 
 ちなみにVAIOの録画ソフト、GigaPocketはアップデートしていますし、OSもWindows2000なのですが、しょっちゅう止まったり、ボードの初期化に失敗するので、再起動は欠かせません。
 
 誰かに手動で再起動をお願いできる環境なら、以下のステップはかなり端折れます。
 
 ***(2)RealVNCをインストール [#w87c8a59]
 
 ブラウザのホームをTVガイドIEPGにしておくとよいです。
 
 ***(3)PacketiXをインストール [#l735898b]
 
 RealVNCをプライベートで利用するのに使います。
 グローバルIPが利用できるなら不要です。
 
 ***(4)FolderShareをインストール [#ka73b4f0]
 
 別に他の手段のファイル転送を用いてもよいのですが、FTPやVPNによるファイルコピー、HTTPによるダウンロード、どれを試してもなかなかいい速度が出ません。それはこのネットワークがADSLだからです。下り(ダウンロード)は高速なのですが、アップロードはISDN並みの速度になります(1.5Mの場合の実測)。また「たかがTV」に、年がら年中、ファイルコピーを気にしているなんてやっていられませんので、ほぼ自動化できて、速度も速いFolderShareサービスを使います。アカウントを作って、デバイスを追加、受信側のPCも設定しましょう。
 
 ***(5)メンテナンス用の設定をする [#kf6e06b0]
 
 「タスク」を使って以下の2点を設定しておくことをお勧めします。
 
 ・自動再起動
  VAIOは毎週土曜日正午に時報を聞いて時計を合わせますので、その直後に自動で再起動するようにタスクを設定するといいと思います。
 
 以下「video」という名前のWindows2000機をセットアップするとします。
 ディレクトリ構成は「c\:app」にメンテナンス用のアプリやスクリプトが入っているという感じです。
 
 ・バッチファイルの実行
  毎日任意のバッチファイルを実行できるよう、FolderShareをつかって仕掛けておくとよいと思います。外部からこのバッチファイルを書き換えることができさえすれば、何でも処理できる、という仕組みです。例えばPacketiXの再接続や、RealVNCの再起動など、けっこう必要になることがあります。
 
 
 以下に具体的な設定をメモしておきます。
 
 ***設定メモ [#i9593df8]
 -c:\app\restart.bat
  cscript c:\app\restart.vbs /S video /R
 とだけ書いておき、これをコントロールパネルの「タスク」で土曜の午後など録画をしなさそうな時間帯にセットしておきます。再起動は週に一度程度でよいと思いますが、テストをしたいなら毎日でもよいかも。
 
 -c:\app\execute.bat
  これは毎日実行されてもよいかも。主に緊急時のメンテナンス目的です。
  rem "C:\Program Files\RealVNC\WinVNC\winvnc.exe"
  rem "C:\Program Files\Sony\Giga Pocket\ReserveModule.exe" 
  rem cscript c:\app\restart.vbs /S video /R
  rem "C:\Program Files\SoftEther VPN Client 2.0\vpncmd.exe" localhost /CLIENT /CMD accountconnect (packetix_server_address)
  openvpn "(path)\video.ovpn"del /q
  del /q "D:\Doc\foldershare_deleted\*.*"
  cscript c:\app\mailsend.vbs /S video /R
  バッチファイルが読める人には解説はいらないと思いますが、''rem''となっているところは特に書く必要はありません。これはいざというとき、外部から録画マネージャーやVNCを起動するためにコメントアウトしてあるだけです。またVPNはPacketixを使っていましたが、ライセンス維持コストが高くつくので現在ではOpenVPNを利用しています。
 
 --OpenVPNの設定
  OpenVPNは設置する側のPCがプライベートネットワークの場合に必要です。グローバルアドレスや固定IPの場合は必要ありません。設定にはネットワークの知識が必要です。また私の環境の場合、海外の自宅側がグローバルIPですので、そちら(つまり動画ファイルを受信する側のPC)にDDNSとルーターの設定、それからOpenVPNのサーバ設定をしてあります。
  OpenVPNの設定はLinuxやネットワークの知識がないとちょっと難しいかもしれません。[[Googleで検索してみて>http://www.google.co.jp/search?hs=49e&hl=ja&client=firefox&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&q=OpenVPN&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja]]、「ふんふん、わかったこれならできる」という人でなければお勧めしません。セキュリティホールを作る可能性もありますから、自分で管理できないならやめたほうが良いかも。→固定IPアドレスサービスなどにお金を払ってください。もしくはどこかのグローバルIPアドレスを持っている人にハブになってもらえるように依頼するか、ですねえ。…私?依頼されればやってあげないこともないですが…。
 
 -c:\app\mailsend.vbs
  VBスクリプトで書かれたメール送信プログラムです。悪用するとSPAM送信システムが作れてしまいますので悪用しないように。
  Set oMsg = CreateObject("CDO.Message")
  oMsg.From = "(送信元アドレス)"
  oMsg.To = "(受信者アドレス)"
  oMsg.Subject = "(タイトル)"
  oMsg.TextBody = "サーバーは元気です" & vbCrLf & Now
  oMsg.Configuration.Fields.Item _
   ("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusing") = 2
  oMsg.Configuration.Fields.Item _
   ("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserver") = _
    "(SMTPサーバアドレス)"
  oMsg.Configuration.Fields.Item _
   ("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserverport") = 25
  oMsg.Configuration.Fields.Update
  oMsg.Send
 SMTPサーバアドレスと送信者・受信者アドレスは自分のプロバイダと自分のアドレスにしておくと、ローカル→ローカルの送信になりPOP Before SMTPなどのセキュリティ対策がされているメールサーバーでも無事に作動します。というかこんなメールはただの通知ですから、外にばら撒く必要もないでしょうし。
 
 -c:\app\cscript.exe
  WSH(Windows Script Host)をバッチファイルから起動するために必要になります。マイクロソフトから入手してください。
 
 -c:\app\restart.vbs
  こちらはWSHでWindowsを自動再起動するスクリプトです。マイクロソフトから入手してください。
 
 --iisreset /reboot 
  ちなみに、こんな遠回りをしなくても、Win2kProでIISが入っていれば、「iisreset /reboot」で再起動できるそうです。私の場合、常時稼動でセキュリティ的に心配があったので、IISとFTPは閉じてます(ルーターのポートそのものが閉じているので要らぬ心配でしょうけど…)。またFTPやHTTPによる動画ファイル転送よりもFolderShareの自動同期のほうが安全確実で楽で速い、という利点があったこともあります。
 
 -FolderShareの設定
  最後に、c:\appをFolderShareして外部から操作できるようにすると完璧です。remをはずして、外部から1時間ごとに再起動を試すこともできますし。
 
 **考察 [#bfb0e0b8]
  「最強録画PC」の方法だと、不特定多数がダウンロード可能な状態にするわけでもないですし、一時的に自分のハードディスクに保存して、暗号化通信のプライベートネットワークで利用するだけですから、放送法にも著作権法にも触れないはずです。というかこれで違法ならPSPとロケフリは違法でしょうが。
 
  欲を言えば、GigaPocketからMPEG1の書き出しを自動化したいというところですね。これは実はSDKがあるので不可能な話ではないはずなのですが、VAIO-R自体が過去のものになってしまっているので中々難しいです。
 
  上記は、1999年に購入したVAIO-R52を活用しているのでメインの動画ファイルは320x240のMPEG1です。Youtubeよりは画質がいいのですが、TV番組をひたすら見て捨てる、ときどきコレクションとしてDVD-Rに焼くといった使い方でしたら、GigaPocketではなく、MEPG-2/4やDivXで直接録画して、指定したフォルダにどんどん保存してくれるタイプのUSB接続か何かのハードウェアがよいと思います。[[こちらから探して試していただけると幸いです>http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=amazonas-22&o=9&p=16&l=st1&mode=electronics-jp&search=%20%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%A3&=1&fc1=&lt1=&lc1=&bg1=&f=ifr]]。
 
 //: 定義語 | 説明文
 //&color(red,black){''hoge''};
 //&size(20){インライン要素};
 //そういえば((注釈))
 //&ref(添付ファイル名);
 //&ref(ファイルのURL);
 
 
 //<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=amazonas-22&o=9&p=16&l=st1&mode=electronics-jp&search=%20%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%A3&=1&fc1=&lt1=&lc1=&bg1=&f=ifr" marginwidth="0" marginheight="0" width="468" height="336" border="0" frameborder="0" style="border:none;" scrolling="no"></iframe>
 
 ----
 *Notice [#o1dc866f]
 このドキュメントは無保証です.~
 This document has no warranty. ~
 ----
 *Comment Please! [#o05bf467]
 #pcomment
 
 //#article
 ----
 Created at 2006-02-28 21:49:15
 #counter

Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Powered by XOOPS Cube The XOOPS Project / all rights are reserved by Akihiko Shirai / XOOPS Cube
Theme Designed by OCEAN-NET