englishjapanesefrench
http://akihiko.shirai.as

[Shortcuts]

メインメニュー

blog[RDF]

検索

Recent Documents

新着ダウンロード

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

オンライン状況

2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが documents (wiki) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

アクセスカウンタ

今日 :130130130
昨日 :123123123
今週 :130130130
今月 :4106410641064106
総計 :1960643196064319606431960643196064319606431960643
平均 :454454454
taquino.net


Top / GPGPU_JapaneseTranslation

Documents > GPGPU_JapaneseTranslation

GPGPUの日本語訳



はじめに

GPGPUが流行るかどうか、みたいな話題が日本語では多く見られるが、実際研究している身からすると、単なる実装技術なのか、それともCGやコンピュータサイエンスの先端をいく技術なのかが見えづらいところでもある。論文を書くためには参考文献となる先行研究も整理したいし。そんなわけで英語での情報が集まるであろうGPGPU.ORGをちゃんと読んでみることにする。それによって生まれる新しい知見もあるだろう。ちなみに日本語での情報はまだ未整理のように思う(Google日本の検索結果)。

ちなみに

このドキュメントは本家サイト「GPGPU.ORG」であるが、勝手訳である。そもそもポータルサイトの人的翻訳なんてナンセンスすぎるし。しかも訳者(Akihiko Shirai)は今のところGPGPUに関して、両手ばなしに賛成しているわけではなく、むしろ幾分懐疑的ではあるが、自らの研究のマップ作りとGPGPUの「歴史的なカタログ」というところに興味と共感を抱いている。 なお、訳者が興味のあるところから翻訳している。「ここの情報がほしい!」という方がいらっしゃいましたら遠慮なくコメントを入れてほしいと思います。誤訳やリンク切れも同様。 もちろん、「俺はここを訳したから使ってくださいな」という稀有な方も歓迎です。

GPGPUとは

「General-Purpose Computation Using Graphics Hardware」直訳すれば「グラフィックスハードウェアを用いた汎用計算」、意訳すれば「GPUを使ってなんでもさせよう」というアプローチのこと。 本来グラフィックスを生成するために生まれ設計されているGPUを、意図して他の計算機用途に使うこと。もちろんそれを可能にするためにはプログラマブルGPUの登場が背景にある。


Webサイトの構成

Menu

Home/News

Forums

History

Developer

SIGGRAPH Course

VIS2004 Course

Categories

このページはこのカテゴリーにそって翻訳している。

以下日本語訳。


Introduction / はじめに

GPGPUはGPU上で汎用計算を行うことをあらわします。日用的なグラフィックス処理装置(GPU)のプログラム可能性の増加と共に、これらのチップは設計されたグラフィックス特有の計算以上に働くことが出来ます。GPUは現在、可能性があるコプロセッサであり、GPUの高速処理はさまざまなアプリケーションの役に立つようになります。このページの目標は汎用計算のためのGPUの現在の、そして、歴史的な用途を一覧にすることです。


Advanced Rendering (16)

Global Illumination / グローバルイルミネーション(大域照明)

2つの新しいGPUレイトレーシングプロジェクト

我々は同時に、2つのの新しいGPUレイトレーシング(光線追跡法)の開発者からニュースを受け取りました。双方のプロジェクトは大学院レベルの論文プロジェクトです。一つ目は、GPU-RTと名づけられ、Martin Christenによって開発されています。.3DSフォーマットメッシュ複数のマテリアルをサポートし、高速化データ構造を実装しています。GPU-RTは、D3D/HLSLとOpenGL/GLSL下のNVIDIA GeForce? 6 シリーズのGPUで駆動し、SourceForge.netで取得可能です。

プログラマブルグラフィックスハードウェアにおけるレイトレーシング」というもうひとつのプロジェクトはChalmers University of TechnologyのFilip KarlssonとCarl Johan Ljungstedt によるものです。これらの論文は、とりわけ、いかにしてproximity clouds(訳注:近接雲…GI用語か?)がGPUにおけるレイトレーシングを高速化するのに使えるか、について言及しています(1.GPU-RT,Martin Christenによる学位論文。2. Filip Karlsson と Carl Johan Ljungstedtによる修士論文"Ray Tracing on Programmable Graphics Hardware")。

投稿: 2005年1月29日 GPGPU /Advanced Rendering/Global Illumination

リアルタイムアプリケーションのためのフォトンマッピングシミュレーション

この論文はLarsen氏(Technical University of Denmark)他による、フォトンマッピングシミュレーションのための高速なGPU高速化を解説している。フォトンマッピングアルゴリズムにおけるステップの各々が、CPUもしくはGPUのどちらで実行されるのか、ということは、どちらのプロセッサがそのタスクに対して最も適切か、ということに依存する。 新しいGPUで高速化されたファイナルギャザリング法を用いて間接照明を演算した。 コースティックフォトン(Caustic photons)はCPUで走査され、フレームバッファ内の点を使って描画され、最終的にGPUを使ったフィルタを施される。 拡散・非拡散(diffuse)の双方のサーフェスにおいて、直接光演算はGPU上、フォトントレーシングはCPU上で処理されている。 (Simulating Photon Mapping for Real-time Applcations Bent D. Larsen, Niels J. Christensen, To appear at Eurographics Symposium on Rendering, 2004.)

投稿:2004年6月11日 GPGPU /Advanced Rendering/Global Illumination

Posted: 11 Jun 2004 [GPGPU /Advanced Rendering/Global Illumination] #

Dissertation: Ray Tracing on a Stream Processor

This dissertation by Tim Purcell of Stanford University discusses several topics relevant to GPGPU including a stream processor abstraction for GPUs, and GPU-based ray tracing and photon mapping algorithms. Much of this work has been reported on GPGPU before, but the description of the ray tracing work in particular is expanded and updated from previous papers with details about the Radeon 9700 ray tracer demonstrated at Siggraph 2002. Included on the web page are links to the dissertation defense talk slides and movies of the various demos. (Ray Tracing on a Stream Processor, Timothy J. Purcell, Ph.D. Dissertation, March 2004.)

Posted: 15 Mar 2004 [GPGPU /Advanced Rendering/Global Illumination] #

Radiosity on Graphics Hardware

This report by Coombe et al. describes a technique for computing radiosity, including an adaptive subdivision of the model, using graphics hardware. The technique uses floating point textures and fragment programs to perform progressive refinement using a novel implementation of hemicube radiosity on the GPU. (Radiosity on Graphics Hardware. Greg Coombe, Mark J. Harris, Anselmo Lastra. UNC TR03-020. June, 2003.)

Posted: 03 Aug 2003 [GPGPU /Advanced Rendering/Global Illumination] #

Photon Mapping on Programmable Graphics Hardware

This paper by Purcell et al. presents a photon mapping algorithm that runs entirely on the GPU. The paper presents details for tracing photons, building the photon map, and computing the radiance estimate at each pixel using a k-nearest neighbor search.(Photon Mapping on Programmable Graphics Hardware. Timothy J. Purcell, Craig Donner, Mike Cammarano, Henrik Wann Jensen, and Pat Hanrahan. Proceedings of Graphics Hardware 2003, July 2003.)

Posted: 07 Jun 2003 [GPGPU /Advanced Rendering/Global Illumination] #

GPU Algorithms for Radiosity and Subsurface Scattering

This paper by Carr et al. describes a method for computing subsurface scattering on the GPU. They use a multi-resolution meshed atlas and modern GPU programmability to devise a real-time GPU algorithm that can render semi-transparent objects with diffuse subsurface-scattered illumination under dynamic lighting and viewing conditions. (GPU Algorithms for Radiosity and Subsurface Scattering. Nathan A. Carr, Jesse D. Hall, and John C. Hart. Proceedings of Graphics Hardware 2003, July 2003.)

Posted: 07 Jun 2003 [GPGPU /Advanced Rendering/Global Illumination] #

Image-Based Modeling & Rendering (5)

Audio and Signal Processing (2)

Computational Geometry (9)

GIS (1)

Surfaces and Modeling (1)

Conferences (3)

Contests (1)

Database (2)

GPUs (5)

High-Level Languages (10)

Image And Volume Processing (25)

Computer Vision / コンピュータビジョン

Advanced Rendering (16)

Global Illumination (6)

Image-Based Modeling & Rendering (5)

Audio and Signal Processing (2)

Computational Geometry (9)

GIS (1)

Surfaces and Modeling (1)

Conferences (3)

Contests (1)

Database (2)

GPUs (5)

High-Level Languages (10)

Image And Volume Processing (25)

Computer Vision / コンピュータビジョン

  • 人間の手足をインタラクティブにマーカレスでトラッキングする
    • UNC CharlotteのRao他によるこの論文は、インタラクティブな速度でマーカーを使用しないで人間の手足を追跡するためにアルゴリズムを解説する。3次元ポイントクラウドデータは修正visual hullアルゴリズムから得られる。GPU上で走るパーティクル(粒子)フィルタアルゴリズムにこのデータを食わせます。トラッキングシステムはインタラクティブな速度で動作します。(『人間の手足の対話的なマーカーなしの追跡(Interactive marker-less tracking of human limbs)』は Rao S., Hodges L.Fによって「Transactions on Visualization and Computer Graphics」投稿されました)
  • GPU上でのコンピュータビジョンプロジェクト「OpenVIDIA」
    • OpenVIDIAプロジェクトは、コンピュータビジョンアルゴリズムをGPU上でOpenGLとCgを使って実装する、GPLでFreeなプロジェクトです。これらの論文はOpenVIDIAにおける投影イメージ登録(訳注:registration;焼付け、みたいなかんじで訳したほうが良いかも)アルゴリズムのGPU実装について解説している。現行リリースはジェスチャー認識インタフェースのために使われる手トラッキングプログラム、いくつかのシンプルなプログラミング例、Firewireビデオ入力サポートを含んでいる。OpenVIDIAは「Computer Mediated Reality」の生成におけるコンテキスト(文脈)での、GPUハードウェアによって高速化されたコンピュータビジョンを研究しています。

Miscellaneous (35)

Books (5)

Courses (10)

Developer Resources (12)

Journals (2)

Research Groups (2)

Scientific Computing (27)

Site News (5)

Stream Processing (1)

Tools (5)

Miscellaneous (35)

Books (5)

Courses (10)

Developer Resources (12)

Journals (2)

Research Groups (2)

Scientific Computing (27)

Site News (5)

Stream Processing (1)

Tools (5)


Notice

このドキュメントは無保証です.
This document have no warranty.


Last update at 2005-04-10 05:48:12

Counter: 1577, today: 1, yesterday: 1

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Counter: 1577, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: Sun, 21 Jan 2007 09:41:21 GMT (3983d)
Powered by XOOPS Cube The XOOPS Project / all rights are reserved by Akihiko Shirai / XOOPS Cube
Theme Designed by OCEAN-NET