englishjapanesefrench
http://akihiko.shirai.as

[Shortcuts]

メインメニュー

blog[RDF]

検索

Recent Documents

新着ダウンロード

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが documents (wiki) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...

アクセスカウンタ

今日 :152152152
昨日 :1705170517051705
今週 :3630363036303630
今月 :1979319793197931979319793
総計 :2969989296998929699892969989296998929699892969989
平均 :593593593
taquino.net


Top / Blog / 2006-01-13

2006-01-13



近況

やばいです、 日記がかけないぐらい忙しいです。

しかも睡眠時間はどう削ろうとしてもしっかり寝てしまいます。 やはり日の出が9時で日没が16時というのが原因でしょう。

御飯はちゃんと作ってます。 買い物にいけないので、残り物料理に磨きがかかってます。 これについては写真つきでまた今度。 土曜日のマルシェが今から楽しみです。 (近くて重くない、新鮮、安い)

SIGGRAPHの投稿は学生が手伝ってくれるのでちょっとづつ進んでますが、この進度だと間に合いません、正直。

それ以上にLaval Virtualのデモ投稿システムの準備で手足を奪われています…しかしこれをやっておかないと、4月に忙しくて死ぬのは私。

3DUIは落ちました。査読に関わった段階で、ACEよりはクオリティ低いのが当たったので、もしかしたらいけるかな、と思いましたが、やっぱり落ちました。査読のコメントは(主査を除いて)良質でしたのでSIGGRAPH投稿には生かせると思います。

予算の都合上、国際会議にばかり出ているわけにも行かないので、胸をなでおろしている人が数名いますが…。

あと高周波Hapticsの実用化に関する産学共同プロジェクトがあって、働いてみたいエンジニアはいませんか?(@Laval) というのはおそらく佐藤研ぐらいしか対応できる人はいないと思いますが…。


ちびまる子、実写ドラマ化

たまにはどうでもいい話題を書きたい今日この頃。

「実写化の夢実現!「ちびまる子ちゃん」がドラマになるよ」(サンスポ) http://www.sanspo.com/geino/top/gt200601/gt2006011204.html

実は「実写版のドラマになる」、と書かれているがそれは正確ではないかもしれない。 タイトルは忘れてしまったのだが、さくらももこの自伝的ドラマはなんとNHKで制作・放映されていた。しかも主演は富田靖子だ。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%82%82%E3%82%82%E3%81%93

ちなみに今回のドラマ化はさくらももこではなく、ちびまる子ちゃんのドラマ化。でも原作者本人がしっかりオーディションしているあたりが、さくらももこらしいところでもある。

なお、祖父友蔵がモト冬樹(名前からして似ている)、祖母を市毛良枝、父親に高橋克実、母に清水ミチコ、姉に福田麻由子。 個人的には母よりも父ヒロシが気になる。 「ヘンッ、俺のほうが男前だな!」 と言わせてみたい。

…って、見れないけどね、たぶん。


モリコロパーク

万博長久手会場の跡地愛称「モリコロパーク」に(中日新聞) http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060113/mng_____sya_____002.shtml

森殺パーク?

年末、ちょっと映像見たけど見事なまでの破壊っぷり。 廃材もタダ同然で配るらしい。それをリサイクルと言うか。

そーか「サツキとメイの家」は残るのか。 一生懸命並んだあの地獄のような暑いアレは何だったのだ、と。

そもそもサツキとメイの家どころかまともな企業館には行けてないし、 万博にはいい思い出ないんだよな…地元ファミリーがやたらとゴザ敷いて並んでたのを見た以外は…。


オープンソースに思う

一年で最も重要な投稿を控えているここ数日私のタスクを奪いに奪った雑用、それがLaval Virtualの新デモ投稿システムである。

ReVolution?」冠を付し、数年にわたりVRの歴史、Laval Virtualの歴史とともに語られるであろう「伝説のデモ」をアーカイブする企画である。

もちろん今までもトロフィーなどの投稿システムはあったわけですし、学会もオンライン投稿が主になっているわけですが、とにかくデモは確認する項目が多すぎる!

いわゆる論文投稿と同様の所属情報に加えて、設営サイズに機材に人員に…さらには旅費を出して欲しいとか、いるとかいらないとか。 そういった情報で2005年の上半期の私は滅茶苦茶になってしまった。別に親切に、それぞれ対応してあげているのだが、アーティストだとか研究者だとか言う人種は、日本語が通じるととたんに、翻訳がしづらい交渉だとか愚痴だとかを丁寧に錬りこんでくれたりする。 まあそれは普通の日本語なんだけど、去年の私にはそういった予算に関わることをビシビシ決めるような権限はなかったので、結局自分(+家族)の時間を使いに使って、ときには作家さんが機嫌を損ねてしまったり、さらには動かないデモがあったりとか、私自身のデモが満足に動かなくて超悲しい思いをしたりとカ…etc。

まあそんなことをちょっとでも避けるために、それからSIGGRAPHやIVRCとも提携しているので(双方VIPも来訪する)、ちょっとでもクオリティの高い運営をするために、全部オンライン化することを頑として譲らないことにした。

「じゃあOpenConf?使えば?」というので使ってみる。まあ実績のあるソフトを使うのは当然と言えば当然。オープンソースだしいざと言うときは何とかなろう。

自分のなれたxoops使えばもっと楽なのだが、当初はサーバーも自由にならない公式サーバだし、この手の投稿に適したxoopsモジュールがない(あ、自分がDiVA展のときに作った奴が近いか…)。

なので、OpenConf?を使うことにした。 …が、あまりの古臭いプログラミングスタイルに唖然。 てゆか、カスタマイズするつもりで作ってないだろう! 本家は2.0というバージョンも出ているようだが、配布&ライセンススタイルが異常で、メールアドレスを登録すると、ダウンロードURLが送られてきて、さらに使ってるカンファレンスのURLまで教えろと言う。

すっごい腹立てながら、バキバキとソースを直す。 フッタの「私が作りました」というコピーライトリンクも、ちゃっかり「変更するな」と書いてあるので、残したくはないが残さねばならん。 でもこれ、もとの開発した人が見たらどう思うんだろうな…。ほとんど原形とどめてないじゃん…。

もちろん他人のソースを見ることで勉強にはなるんだが、旧式の、堅い書き方をしたソースというのは、直そうにもそういうソースを延長させるしかない。似たような業務、似たようなソースを延々と書いて飯の種になるSE様はいいんだが、あいにくと私はそういう職業じゃないのだ。

やってもやらなくてもゼロ円♪

あとは、サーバーに上げて最終チェックするだけなんだけどなあ…。 ここへきてBフレッツの回線工事に当たるとは…。 (なぜ日本にサーバがあるの?と突っ込まないでください…日本人のビデオ投稿がトラフィックの多くを占めるのも事実だし…)

というわけでいざとなったらsakura.ad.jpあたりに開くかもしれない。 しかしそれも露骨だしなあ…。 米国あたりにいいハウジングサービスないかな…100GBぐらい使ってもただみたいな値段で使えるサーバー…。

p.s.  関係者の皆さん申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちを…。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Counter: 1059, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Wed, 01 Feb 2006 23:56:56 GMT (5031d)
Powered by XOOPS Cube The XOOPS Project / all rights are reserved by Akihiko Shirai / XOOPS Cube
Theme Designed by OCEAN-NET